« ダイナマイトUSAの本当の入場者数(おそらく2万人ほど)判明 | トップページ | セレッソ戦、角を矯めて牛を殺す »

2007年6月10日 (日)

サガン鳥栖 0-1 札幌、雑感

鳥栖
   レオナルド  藤田
廣瀬           高地
      村主  高橋
長谷川 吉田 飯尾  日高
   GK赤星

札幌
     中山 石井
西谷          藤田
      カウエ 芳賀
西嶋 ブルーノ 曽田  西澤
   GK高木

第2クールの成績だけでいけば1位と2位という好調なチーム同士の対戦ということもあり、双方ともに非常に難しい試合になった。
札幌は、4-4のDF、MFのラインで強固なブロックを形成し、FWも非常に守備意識の高い、相変わらず堅い戦術をとる。攻撃は、その強固なブロックでボールを奪取してからFWと両サイドハーフの4人にのみ(DFライン4枚「全部CBタイプ」とボランチ2枚「両方ともつぶし屋タイプ」はほとんど攻撃には出ない)というリスクを冒さない堅い堅い戦術。全体的な身長の高さもあり、何か北欧ノルウェーのようなサッカーのようだ。
鳥栖は細かいパス回しと運動量でなんとか札幌の堅陣に穴を作ろうとするが、最後の最後が突破できなかった。最近の鳥栖の好調ぶりは、やるべきサッカーがはっきりしてきたことに尽きるだろう。そして何より「勝利の方程式」というものがあった。後半にユン・ジョンファン、廣瀬を投入して、相手を混乱させる。そのできた穴をユンが正確について点に結びつけてきたのだ。だが、この試合にはユンはイエロー累積で出場できなかった。代わりに出場した山口貴は、テクニックは間違いなくあるが、ユンに比べれば判断スピードとパスの精度で劣る。彼では札幌の堅陣に出来ては消える小さな穴を突くことができなかったということなのだろう。(この辺がアトランタ五輪最終予選では日本代表を破ってアジア1位になったチームの主力であり、さらにA代表まで行った男と、若い時には非常に有望視されながら、結局、U-22より上の代表で活躍できなかった男の違いなのかもしれない)
ともかく札幌は堅かった。「強い」というより「堅い」という印象だ。そして好調なチームだけに選手が全て自分のやるべきことを忠実に果たしている。去年の横浜FCのようにJ2という舞台では、このような戦い方は非常に適しているのだろう。現実主義者の三浦監督にふさわしいサッカー。この試合の結果を分けたのは、どちらが「やるべきことを徹底したか」という差のような気がしている。

|

« ダイナマイトUSAの本当の入場者数(おそらく2万人ほど)判明 | トップページ | セレッソ戦、角を矯めて牛を殺す »

サッカー観戦記&コラム2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/15390706

この記事へのトラックバック一覧です: サガン鳥栖 0-1 札幌、雑感:

« ダイナマイトUSAの本当の入場者数(おそらく2万人ほど)判明 | トップページ | セレッソ戦、角を矯めて牛を殺す »