« 【J2:第9節】アビスパvs 愛媛、いろんなコメント | トップページ | 続・西村雄一問題、岸野監督ベンチ入り停止1試合 »

2007年4月16日 (月)

アビスパ 1-0 愛媛、雑感

FW     林
古賀    アレックス      田中
                山形兄
           布部
チェッコリ 亨 川島  山形弟
GK         神山

リティも言うように、前半30分ぐらいまで続いたいい時間帯に点に結びつけられなかったことが、この試合が難しくなった大きな原因だろう。逆に早い時間に点が取れていれば、水戸戦のような展開になった可能性も大きかったように思う。
後半は、いつものように運動量が落ち、前半抑えていた愛媛がゲームプラン通り前に出てくるにつれて、難しい試合になった。60分過ぎには嫌な悪寒が多くの人に走り始めていたに違いないだろう。
この試合でワントップは林だったが、スカパー!解説の服部氏より「動き直しがない」とポジション取りについて再三指摘されていた。さらにシュートの精度もなかった。ある程度力の落ちる相手(水戸、愛媛など)は先発にリンコン。J1昇格のライバル達で、前線からの守備に運動量が必要な場合には林が先発の方が機能するような気がしている。次の草津戦にはリンコンがいないので、林には奮起してもらいたいところだ。
この試合、リティは久藤を先発から外して試合に臨んだ。長い長いJ2を乗り切るためには、ある程度選手を入れ替えしながら戦っていく必要がある。愛媛戦では「早い時間に点を取れれば楽な試合になる」とリティは見ていたと思う。だが、結局、久藤を投入しなければいけなかったのは、ある意味、リティの想定内では最悪の方に近かったかもしれない。
現在、ボランチの位置は布部と久藤の二人でやっている。リティのサッカーはこのポジションでかなりの運動量と判断力が必要だ。だが長いシーズン、全ての試合で、この二人が出場できるわけではない。久藤を休ませるのであれば、城後に経験を積ませておいた方が良かったかもしれない。(彼には絶対的に経験が不足している。特にディフェンス面での経験が)
あとは田中が切れ切れの一方、古賀はまだ本調子ではなさそうだ。チェッコリは、かなり不安なので、とりあえず完璧に治した時のプレーを見てみたいところだが..。
ともかく勝ち点3を取れて、やれやれという感じだった。だが、こういう試合でも勝ち点3を取ることが重要なのだろう。

|

« 【J2:第9節】アビスパvs 愛媛、いろんなコメント | トップページ | 続・西村雄一問題、岸野監督ベンチ入り停止1試合 »

アビスパ関連2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14696616

この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 1-0 愛媛、雑感:

« 【J2:第9節】アビスパvs 愛媛、いろんなコメント | トップページ | 続・西村雄一問題、岸野監督ベンチ入り停止1試合 »