« アビスパ 2-1 ヴェルディ、短い雑感 | トップページ | 鳥栖 5-1 水戸、いろんなコメント »

2007年4月11日 (水)

札幌 0-0 アビスパ、いろんなコメント

ハーフタイム
●三浦俊也監督(札幌):
・イージーミスを無くすように
・落ち着いてマイボールをつないでいこう
・セカンドボールをしっかり拾っていこう

●リトバルスキー監督(福岡):
・DFラインが早いタイミングで上がると中盤と前線にスペースがなくなるので、もう少しゆっくりつないで前のスペースを活かそう
・サイドからの速い攻撃を有効に使おう
・田中が良いタイミングで飛び出せているので、もっと使ってあげよう

試合終了後
●三浦俊也監督(札幌):
「状況的には福岡の方が中3日、札幌が中2日ということで厳しい部分はあったと思うが、そのなかで勝点1を取ったのは前向きには捉えられるかなとは思います。福岡はJ1にいたチームなので1人1人の力は当然あるし、ハードワークするいいチームなので厳しい試合になるとは予想していた。案の定のゲームの流れだったと思う。前半30分くらいまではしっかりとオーガナイズしていいディフェンスをした中でのゲーム。ただ、ラスト15分からはミスを自陣で犯したり、そういうあたりから変な流れになってきたという印象。このゲームではボールをつなぐのも難しい状況になっていたので、自陣ではリスクを冒さないように、敵陣でリスクを冒す。点が決まるとすれば、案外そういったミス絡みから決まるのかな、という感じだった。
後半の真ん中くらいから福岡の流れになってきて、この前の仙台戦を思い起こす形になり、ちょっと厳しいなと思った。そのままでは失点してしまうという印象になったので、そこで交代選手を入れて、彼らがいい起点になってくれた。相手の流れになったというのは決してディフェンス陣が悪かったというわけではなく、どちらかというとマイボールを簡単に失ってという感じだったので、それを石井や大塚、砂川もいい流れでゲームに入ってくれたし、逆にラスト10分くらいはこちらが押し込む形で、勝てるかな、というところまではいく流れにはなっていた。トータルで考えると、まあ残念ながら引き分けが妥当というゲームだったかなと思う。雨のなか駆けつけてくれたサポーターの応援にはすごく感謝している」
Q:もう少しで勝てるところまでいったということは、引き分けの徒労感よりも、手応えを得たということか?
「前節の仙台戦は終盤までリードしていたということもあるが、終盤はずっと押されっぱなしだったということで、あまりいい印象ではなかった。今日の試合についてはサブの選手が頑張ってくれたということで、そこはポジティブに考えていいと思う。ただどちらの試合も相手のペースになる時間帯があって、マイボールを失うことも多かった。そのあたりがちょっと課題かなと思った」
Q:最終ラインのラインコントロールについてはどう評価しているか?
「仙台戦でのビデオを見てチェックして、ちょっと下がりすぎたというのがあったので、そこは意識できていたと思う。前の選手もハードワークしてくれたし。福岡はJ1にいた力のあるチームだが、決してそれに劣っていたとは思わない」
Q:点が取れなかったことについてはどのように感じているか?
「こればかりは非常に答えるのが難しいというか、どのチームも得点力不足に悩まされている。日本サッカー界全体の問題ではあると思う。結局は個人の力はどっちみち必要だと思う。決定機を作り出せるだけの、相手のディフェンス力を上回れるだけの攻撃力がなかったということだと思う」

●リトバルスキー監督(福岡):
Q:試合を振り返って
「結果としては良かったと思います。得点機を作ったにもかかわらず、それを決められなかったのは残念でしたが、それでも今日の勝点1は価値のあるものだと思っています。今日のような天候のためにピッチコンディションがあまり良くなく、それによってうちにミスが多くなり、札幌の思うように試合を運ばれてしまいました。札幌は引いて守って、うちのミスを誘って、そこからアクションを起こしていたので、私にとっては退屈な試合になってしまいました。他会場の結果を考えると、もう少し順位を上げたかったと思いますが、4、5チームが上位争いに絡んでいる現状では、シーズンを通して、その中に入っていることが大切だと考えています」
Q:リンコン選手を途中から投入しましたが、その理由を教えてください
「ゴール前で存在感のあるストライカーを入れたかったからです。ボールをキープできる選手を入れることでリズムを取り戻そうと思っていたので、そういう理由で彼を投入しました」

Q:同じような質問になりますが、前線に林選手、リンコン選手などのポストプレーを出来る選手を先発から外した理由は何かありますか?
「札幌のセンターには曽田、ブルーノ クアドロスという上背がある強い選手がいます。そこへリンコン、林を投入すると中央で競り合うというサッカーになってしまうので、彼らをそのポジションから外すような動きをして戸惑わせたいという狙いがありました」
Q:もしもピッチの状態が良かったら、そのサッカーは、もう一度チャレンジする価値があるとお考えですか?
「それは相手にもよりますし、相手のスタイルにも、選手のコンディションにもよると思っています。今日に関して言えば戦術的にはよかったと思っていますが、このピッチ状態でミスがでてしまって、なかなかうちに流れを呼び込めなかったというのがありました。今のところ、札幌は3失点しかしていませんが、そのうちの2失点は京都戦です。そして京都には2列目からとびだすパウリーニョがいますが、その影響で2失点を喫していました。ただ、これ以上のリスクを犯せば札幌に敗れる危険性があったと思います。たとえば、最初から我々が2トップで臨んでいたとしたら、勝つ確率というのは下がっていたと思います」
Q:決定機をものにできなかったとの話がありましたが、それは福岡の精度の問題でしょうか。それても札幌の守備が良かったからでしょうか?
「9人で引いて守る相手に対して、さらに、このピッチコンディションでしたので、中々最終ラインを破ることができなかったということです。ボールを回してみたのですが、札幌スタイルというか、下がって、守って、試合を進めた彼らの方が、ある意味、良かったと思います」
Q:なかなか連勝ができませんが、そのあたりは、どのように捉えていらっしゃいますか?「連勝できているチームはそれほど多くはないし、どのチームも2連勝、3連勝と続けていくのは難しいと感じています。昨シーズンと比較してかなりレベルが高くなっていて、上位争いをしているチームが4、5チームあるので、その中では、一歩ずつ勝点を重ねていくことが大事だと思っています」

●山形恭平選手(福岡):
「相手がしっかりと守ってきたのでその辺をどうやるか。点を決められるチャンスはありましたし、そういうところを決めていかないと、こういう試合になるということだと思います。1人、1人の動きは悪くはなかったし、相手に向かっていく気持ちも持ち続けられたし、負けないということも大事だし、今日の結果を次につなげていきたいですね。ただ、動きの質、ボールが入った時のトラップ、そうしたところの精度をもう少し上げていかなければいけないというのはありますね。決定機は作れていたので戦い方は間違ってないし、あとは決めるだけ。引いてくる相手に対しても数的優位をもって攻める場面もあったし、監督の戦術もやろうという気持ちはあったし、やはり精度、あと少しの精度の問題だと思います」

●宮本亨選手(福岡):
「後半の15分、20分まではリズムが良かったのですけれど。まあ、いろんなことが重なってリズムが崩れたこともあったんですけれども、辛抱強く、我慢してやろうというのは試合中にも布さんと話していたし、集中が切れてしまったら失点してしまうので、粘り強く、我慢強く、この天候、ピッチコンディションの中で久しぶりに0に抑えられたのは収穫だと思います。点が取れればよかったのですけれども、後ろは0でいこうという目標は達成できたので、次につながるゲームにはなったと思います。平日の東京でのナイトゲームにあんなにサポーターの人たちが大勢きてくれたので、勝ちゲームを見せられなかったことは残念だし、勝点3を逃したという結果は全然満足できるものではないので、次はホームなので完封で勝ちたいと思います。0で抑えて、点を取って、自分たちのサッカーができればいいと思っています」

●布部陽功選手(福岡):
「ボールコントロールや、パスがしづらかったのですが、それはお互いさまなので、そういう部分も含めて、普段の練習から精度を上げていかないと。それはみんなとも話しました。0に抑えられたというのが今日は良かったと思います。ただ、引いて守ってくる相手に対して、コンビネーションだとか、モビリティをもっと高めていかないと。チャンスはあったので、あとはフィニィッシュの精度を上げるというところですね。でも勝ちたかったですね。上位のチームが勝点を伸ばせていないので、今日勝てば、もうちょっといい場今日になったんですけれども。でも、負けなかったこと、0点に抑えられたことはよかったと思います。あまりネガティブになる必要はないし、また切り替えて次の試合に臨みます」

●高木貴弘選手(札幌):
「雨が降っていてボールが滑りやすくなっていたので、そこを注意した。その意味では自分のプレーが堅くなっていたところはあった。今日の試合については最終ラインのラインコントロールと、相手のサイド攻撃に注意してコーチングをした。無失点に終わったのは良かったと思う」

●藤田征也選手(札幌):
「縦のスペースを切られていたこともあって、前半はあまりボールに触ることができなかった。後半は自分がシュートを打ってもいい場面があったのだが、左足だったのでパスを選択した。あそこは打っても良かったかな、と思う。ホームで勝点3を取れなかったが、次の試合につなげていきたい」

●砂川誠選手(札幌):
「いい流れで試合に入っていけたと思う。ただ、チームとして無得点に終わったことは残念。次の試合に向けてしっかり切り替えていきたいと思う」

|

« アビスパ 2-1 ヴェルディ、短い雑感 | トップページ | 鳥栖 5-1 水戸、いろんなコメント »

試合記録&コメントなど(代表以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14650300

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌 0-0 アビスパ、いろんなコメント:

« アビスパ 2-1 ヴェルディ、短い雑感 | トップページ | 鳥栖 5-1 水戸、いろんなコメント »