« ゴンカク創刊号、ダナ・ホワイトインタビュー(抜粋・要約) | トップページ | ココログ最強カレンダーを導入 »

2007年4月30日 (月)

vs徳島戦、雑感

引いた相手との対戦。力関係で行けば愛媛戦か水戸戦、どちらかのような展開になりそうだったが、今回は前者の時のような展開になり苦しい試合となった。愛媛戦では決勝点は久藤の投入がきっかけとなったが、今回は林の投入でリンコンへの注意が少なくなったことがきっかけの一つになったように思う。そういう意味で、かなり愛媛戦と似た試合だった。違いは決定的なチャンスを作り出した数の違いだろう。愛媛戦は決める時に決めるべきチャンスを逃しすぎた。だが、今回はチャンスの数が自体が少なくなったのだ。
温度が上がりやや暑くなったことで、アビスパMF陣のパフォーマンスは確実に落ちている。(もちろん審判が下手で徳島よりだったおかげで強引にボール奪取することに、やや躊躇する面が影響したこともあるだろう。しかし主審:早川一行は、この試合、いくつミスジャッジしたんだ?)だがチャンスの数が少なくなったのは、アレックスのマークがきつくなったことと中盤の運動量、飛び出しの量が少なくなったのが大きいように思う。特にボランチの布部、久藤の二人にかかる運動量と攻守両面の負担はかなり大きい。

以前、リティはバルセロナのような攻撃的なサッカーを目指しているのではないかと書いたが、
http://nettaro.way-nifty.com/nettaro_blog/2007/04/post_d372.html
サッカーダイジェストの選手名鑑を見るとバルセロナではなく「マンチェスターUが理想」だということだ。(そういえばリティはドイツ人だけどイングランド・プレミアリーグ好きだったんだよなと思い出す。そこには「最終ラインからもビルドアップできて素早くパスをつなげられるチームにしたい。理想はマンチェスターU」とあります)
理想は理想でいいと思うのだが、個人的にはプレミアのサッカーは日本人(特に代表では)に合わないと思っている。(一番の理由はイングランド人のフィジカルが日本人にはないということだ。さらにプレミアのセントラルMFの役割をこなせる選手がいない。(おそらく現在の日本人選手の中で最も適性があると思われた稲本潤一でさえプレミアのCMFでは通用・起用されなかった)。さらにプレミアのCBほどのフィジカル能力の高い選手がいないという3点だ。)
さらに同じ日本のチームを相手にJ2を戦う場合でもプレミアのサッカーは向かないだろう。最大の理由は、あの運動量の多さが日本のサッカーシーズン(暑い夏の時期にやる)に合ってないということだ。

もちろん布部と久藤は、現在は、CMFというタスクをこなしている。だが、どちらかをケガなどで欠いた場合、アビスパ全体のパフォーマンスは著しく落ちるだろう。夏場の連戦になれば、ケガしていなくても、パフォーマンスは落ちるのは間違いない。二人で連戦を乗り切ろうとすれば、大きく勝ち点を損ねる結果になるだろう。そういう点で、今からでも少しずつでも本田や城後などに経験を積ませていくべきだと思うが、リティは、その辺、どう考えているのだろうか?

アビスパが1年でJ1に上がるためには、その対応が一番の鍵になるような気がしてならないのだ。

|

« ゴンカク創刊号、ダナ・ホワイトインタビュー(抜粋・要約) | トップページ | ココログ最強カレンダーを導入 »

アビスパ関連2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14903839

この記事へのトラックバック一覧です: vs徳島戦、雑感:

« ゴンカク創刊号、ダナ・ホワイトインタビュー(抜粋・要約) | トップページ | ココログ最強カレンダーを導入 »