« 札幌 0-0 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | テレビ西日本にとっては「アビスパ=そんなの」らしい »

2007年4月11日 (水)

鳥栖 5-1 水戸、いろんなコメント

ハーフタイムコメント
●岸野靖之監督(鳥栖):
・相手に自由にパスを出させない事
・相手は攻めの数を増やしてくるのでしっかりマークを

●前田秀樹監督(水戸):
・カウンターに注意する事
・1対1で負けていては勝負できない
・まず一点取りに行こう

試合終了後
●岸野靖之監督(鳥栖):
「開幕から今まで大きなものを失っていて、それを一つずつでも取り返そう返そうとして来た中で、12位と13位の戦いとはいえ、絶対に勝ちたいと言う姿勢が最後まで見えた内容だった。選手がよくボールに食らい付いて行く姿勢が見えた。水戸から5得点できたのは、僕が鳥栖に来てから初めてのこと。次の仙台戦も選手と一緒に闘っていきたい」
Q:試合前にはどのようなことを選手に伝えたのか?
試合ごとに言うことは変わらない。失点をせずに先制点を取ることを言っている。その中でも、試合の入り方として、最初にペースをつかむように指示した。今までシュートも少なかったので積極的にシュートを打つことと、激しくプレスをかけてボールをつないでいくことは言った。言葉は変わってもいつも言ってることは同じ」
Q:FWが2得点ずつ取ったことの評価は?
「今までトータル2得点しかあげていない中で、アンデルソンは自分の責任と追い込んでいた。『必ず取れるから、自分のプレーをしなさい』と言い続けていた。家族に先制ゴールを見せることができてよかった。藤田も1点目は素晴らしいゴールだった。2点目の身体に当てて入れた得点は、僕が大好きなゴール。取るべきFWが点を取るとゲームが締まる。見ていても気持ちは良かった。本人たちもほっとしたことと思う。しかし、あと1点でも取っておくとハットトリックになっているのだから、そこを取りに行く貪欲さも欲しい」
Q:次節、仙台戦への課題は?
「今日帰ってから分析します。寝不足になるけどそれが仕事なので…(笑)
クロスの精度やパスワークがもう少し必要かなと思う。奪ったボールをカウンターででもフィニッシュに持っていけるようにしたい。
仙台は強いチーム。しっかりと抑えるべきところを抑えて、奪ったボールを両サイドのスペースに入れるようにしたい。とにかくしぶとい試合をしたい」

●前田秀樹監督(水戸):
「毎試合、コメントが少なくなって来ている。今日の試合もそうで、水戸のサッカーをすると、最終ラインの1対1の強さの差がもろに出てしまう。失点したシーンも、鳥栖が良かったと言うよりも水戸のディフェンスのミスでやられてしまった。攻撃でもワイドからの突破ができないし、リスタートからも失点してしまう。ただ、付いていけばいいだろうというようなマークしかしておらず、相手よりもきつく当たるところを見せていない。鳥栖が簡単に得点を挙げても、水戸は簡単に取ることができない。
まだまだ、選手に戦う気持ちや個人の強さが出ていない。全ては後手を踏んでいる。精神的に弱いほうが押されて、それが点差に出てしまった」

●アンデルソン選手(鳥栖):
「(得点は)とってもうれしかった。開幕戦から結果が出せなかったが、家族が来てくれて安心して試合に臨むことができた。」

●藤田祥史選手(鳥栖)
「うれしいの一言。開幕戦から使ってもらったのに結果が出せなかったのが悔しくて、(出場の無い)2試合の間にVTRを見て、シュートのイメージを高めていた。その結果のゴール。あと2点は取るチャンスがあったので、そこを決めることができるようにならないといけない。」

●廣瀬浩二選手(鳥栖):
「前半から、足がつってもいいから走っていこうと考えていた。以前の良かったころのプレスをかけることができたと思う。(2点目の)シュートは狙っていたけど、そのあとのチャンスは練習してきたところだったので、あそこを決めておけば・・・。うれしいけど悔しい。」

●飯尾和也選手(鳥栖):
「自分のコンディションは良いわけではないが、その中でもやれることをやっていこうと考えていた。戦う姿勢は出せたと思うが、個人のプレーは全然ダメ。ピッチに入ったら、コンディションのことなんか言えないので、精一杯やるだけ。」

●赤星拓選手(鳥栖):
「決めるべき人が決めてくれたので、チームの勢いが出たと思う。
でも、セットプレーでマークをしていたのに失点してしまったことは反省点。修正して無失点で終われるようにしたい。」

●小井手翔太選手(鳥栖):
「とりあえず勝ててよかった。前節の内容が良くなかっただけに、修正できていたと思う。」

●高地系治選手(鳥栖):
「とるべき人が取って、試合に勝ててよかった。
自分は、警告をもらって怪我をして・・・何もしていない。
(怪我で途中交代)フル出場ができなかったのが悔しい。次の目標は、全試合出場!」

●吉田恵選手(鳥栖):
「水戸にも(怪我あがりの)情報が入っているだろうから、そこからやられないようにと心掛けた。前線からのマークがしっかりとしていたので、自分の所もしっかりと抑えることができた。」

●鐡戸裕史選手(鳥栖):
「前半はミスが多かったので、後半は積極的に行こうと考えていた。途中で交代させられることが多かったので、90分間思いっきりプレーできたのはうれしかった。」

●高橋義希選手(鳥栖):
「(フル出場に)正直ホッとしている。(後半31分のFKは)しっかりと当たっていたけど、入らなかったのでまだまだ・・・。怪我もう大丈夫、次節も頑張ります。」

●金澤大将選手(水戸):
「1失点目、自分のリアクションで取られたようなもの。セカンドを拾われて、局面で負けていた。鳥栖も前線へ長いボールを入れてきていたが、アンデルソンと藤田にうまく合わせられた。DFとMFが空いて、バイタルエリアに入られてしまうことがあるので、修正しないといけない。
次節に気持ちを切り替えて、集中して次の試合に備えたい。」

|

« 札幌 0-0 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | テレビ西日本にとっては「アビスパ=そんなの」らしい »

試合記録&コメントなど(代表以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14664421

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥栖 5-1 水戸、いろんなコメント:

« 札幌 0-0 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | テレビ西日本にとっては「アビスパ=そんなの」らしい »