« 疲れました | トップページ | HERO’S2007名古屋大会、雑感 »

2007年3月11日 (日)

アビスパ福岡 1-1 山形、雑感

アビスパのJ1復帰への課題がよく出た試合だった様に思う。いくつか上げると

・去年からそうだったが、雨でピッチがスリッピーな状態だと、アビスパの中盤での球まわしがうまく回らなくなる。
・このシステムではワントップの選手が徹底マークに合い、くさびのボールがうまく入らなくなると最大の武器であるMFの流動的な攻撃・動きができなくなる
・MFに攻撃的な選手をかなり並べている。はまれば鳥栖戦の様に破壊的な攻撃力を引き出すことができる。中盤の底を主に勤める布部も攻撃によくからんでいるが、逆に布部が前に出ていった場合(引き出された場合)、バイタルエリアのディフェンスに不安が出てくる
・セットプレーのボールの質が、あんまり良くない。(古賀誠史の不在が大きいかな)
・中村北斗がハーフタイムに言っていたように前半は「みんな寝ていた」状態だった。ようやく目が覚めたのは林の退場から一人少なくなってからだろう。
・前線の選手にスーパーな選手がいないだけに、点を取るためにはチャンスを数多く作り出す必要がある。そのためには全員にハードワークが必要になってくる

このような感じだろうか。前半を見ていて、リティは少しフィジカルを落としたのではないかと思っていた。シーズンは長い。J2をまともに一年通して見るのは初めてなので、少し外れているかもしれないが、おそらくピークは9月、10月、11月に持ってくるべきなような気がしている。3月は課題とシーズンを通して戦うべきスタイルを見つけていく時期なような気がしている。
林の退場は、徹底的にマークに合い、さらにオフサイドの判定でゴールを二つ取り消されてしまったことのイライラが出てしまったような感じだろう。(あの退場の場面では、ポジション取りの中で小原とかなりやり合っていた。その中で相手を手で振り払ったのだが、それがたまたま相手の顔面にヒジが行ってしまったようにも思える)。リンコンがどの程度やれるのか分からない状態なので、林には感情面もコントロールしてもらいたいものだ。

2試合見ただけだが、リティ・アビスパの方向性は間違っていないと思う。(7月、8月の暑い時期は、少し省エネサッカーにマイナーチェンジするか、ターンオーバー制を使うかするべきだろうが)。まだメンツも揃っていないし、チームとしてのピークが来るのは北斗が復帰してフィットしはじめる秋になるだろう。そこまで昇格戦線から絶対に脱落しないこと。そのためにはFW陣の奮起とセットプレーでの得点力UPが絶対に必要だ。

人気blogランキングへ

|

« 疲れました | トップページ | HERO’S2007名古屋大会、雑感 »

アビスパ関連2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14227810

この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ福岡 1-1 山形、雑感:

« 疲れました | トップページ | HERO’S2007名古屋大会、雑感 »