« アビスパ福岡 1-1 山形、雑感 | トップページ | TBSが捏造!、HERO’S2007開幕戦にて »

2007年3月12日 (月)

HERO’S2007名古屋大会、雑感

はじめに。基本的にHERO’Sを嫌な目で見ながらTV観戦した中で、思いつくまま書いたものです。ということでHERO’Sを好きな方は気分悪くなるので、読まないでください。

オープニング:「すっごい滑るよ」「お客さんだって納得してないじゃないですか」「思いっ切りオイル塗ってる」という桜庭の言葉から始まったHERO’S。秋山ヌルヌル問題には触れてはいるが、肝心の事は全く伝えてない番組構成。ちなみにスポナビでは「無期限出場停止処分」だったはずの秋山の処分が「6ヶ月以上」と変更になっており、7月のHERO’Sアメリカ大会での復帰の線が濃厚の様だ。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/headlines/20070312-00000012-spnavi_ot-fight.html
こういう点からもFEGが最初に下した厳しい処分はネットで起こった火をどうにか消化したいがための策で、それが収まったと見るや、秋山復帰に向けて動き出したということなのだろう。

キム・ミンス●vs○マイティ・モー
3/4にK-1で戦ったばかりモーが急遽参戦。オファーを出す方も問題あるが、受ける方も問題あるだろう(苦笑)。しかし、この扶養家族の多さでは一銭でも多く稼ぎたいのは仕方ないのかもしれない。レスリングやってたとは言え、寝かしてしまえば間接ができないモーで、キム・ミンスが勝つかと思ったが、逆の結果に。モーは本格的に総合に取り組めばハントのように活躍はできるかもしれない。しかし、キム・ミンスも進歩がありませんなあ..。

高谷●vs○アンドレ・ジダ(70kg契約)
ジダはシュートボクセの選手だということだが、アゼレードよりは弱いんだろうなあ..。とか思っていたら、なかなか激しい打ち合いに。ジダの打撃で高谷の鼻が曲がっている。ドクターチェックでストップかと思ったら、続行となりビックリ。鼻が折れているらしいが続行させていいのか?この辺のHERO’Sの判断の一貫性のなさは相変わらずだ。結局、2度目のドクターチェックでストップ。

ビトー・シャオリン・ヒベイロ○vs●上山
間違いなくこのクラスで世界トップクラスの選手であるシャオリン登場。寝技だけでいけばPRIDEライト級GPに出てもおそらく最強だろう。しかしそのシャオリンに対して拍手がほとんどない。さすがミーハーかつ招待客が多いHERO’Sの客層(苦笑)。それにしてもシャオリン強かったねえ。欲を言えば打撃がどこまで進化してるか見たかった。それにしてもシャオリン出して、いいのか谷川?KIDが出てきても1Rで極められて終わるぞ。もし対戦する時は、寝技の展開になったら30秒ですぐにブレイクかけてKIDをプロテクトすれば大丈夫かもしれないけどね..。

ベルナール・アッカ○vs●韓国人(オープニングファイト、3試合目)
アッカは芸人らしいが、初めて見ました。コートジボワールと言えばドログバだが、それっぽい雰囲気もあるようなないような。「塩コショー」て有名なのか?おそらく芸よりもテコンドーの方がうまいのだろうなあ。

柴田勝頼○vs●山本宜久
ヤマヨシを紹介Vで、あの対ヒクソン戦を紹介していた。武道館まで見に行ったんだよなあ、あの試合。あれでヤマヨシには、かなり期待したんだが..。あれから10年、それにしても、見事な噛ませ犬になってしまった山本、時の流れは残酷なものだ。

グッドリッジ○vs●ノルキヤ
スタンドの展開を見る限りやられたかと思ったが、結果的には、総合のキャリアで上回ったゲーリー。寝かしてしまえば、どうにでもなった試合。ミルコはティム・シルビアを「ノルキアに毛の生えた様な選手」と言っていたが、さすがにそれはシルビアに失礼だろう。しかし総合のリングに上げるには必要最低限のグランドの技術がない。逆に必要最低限のスタンドの技術がない選手もいる。そういう選手をHERO’Sは安易に上げすぎているように思う。ところでゲーリーのセコンドにいたのはマーク・コールマンに似ていたような気がするのだが、人違いなのだろうか?

マヌーフ○vs●高橋義生(90kg契約)
マヌーフ、松脂を塗っていて減点1。これで大笑いしてしまった。試合会場では、この試合は第一試合だ。秋山ヌルヌル騒動で大きなダメージを受けたHERO’S、それで「ちゃんとチェックしてますよ」とアピールするために、FEGがわざと塗らせたようにしか思えないのだ。証拠は全くないけどね。これはHERO’Sのパフォーマンスなのだ。試合の方はマヌーフ、強かったねえ。ミルコの様なスタイル(相手のタックルを切って徹底的にスタンド勝負)で行けば、PRIDEウエルター戦線でも十分行けそう。それにしても年月がそうさせているのだろうが、元U系戦士の凋落が激しすぎて悲しいものがある。

桜庭○vs●キセリオ
サクの入場はマスクド・スーパースターのマスク(うーん、微妙)相手は、やはり金魚(噛ませ犬)だった。しかし桜庭が道衣着た相手に一発目の腕ひしぎを外したことや、動き自体の悪さが目についた試合だった。サクはもうダメかもしれないなあ..。

宮田○vs●ブラック・マンバ
マンバを寝かして予定通り勝った宮田。オリンピックも一応狙っていく。しかし、6月に勝負の大会があるのに、今、総合の試合にやってても五輪はとうてい無理だろう。

宇野薫○vs●アリ・イブラヒム(柔道、17歳でオリンピック・エジプト代表、フリー)
柔道家だから、もっと寝技できるタイプかと思ったが、あれだけ簡単に腕ひしぎを極められたのはビックリ。さすが谷川、金魚を選んだんだなと感心。しかし、間接の強くない柔道家は総合では勝てないだろう。

所○vs●安廣(正道会館)
永田戦が流れてしまったため、このメインは、ほぼ地元の岐阜県出身の所に気持ちよく勝たせるための試合。寝かしてしまえば、2分ぐらいで終わるだろうなと思っていたら、あまりに予想通りの展開に大笑い。

人気blogランキングへ

今回のHERO’Sは、地上波でリラックスしながら観戦し、たまに大笑いするにはいい興行だったように思います。でも、金は払って見る気は全く起こりませんねえ、相変わらず。(とは言え、次のPRIDE34もカードが一つも発表されてないにも関わらず一般発売されていて、かなり頭に来てます。でもチケット買ってしまったので行きますが、頼むよ、バラちゃん、大変なのは分かるけど)

|

« アビスパ福岡 1-1 山形、雑感 | トップページ | TBSが捏造!、HERO’S2007開幕戦にて »

格闘技(主にPRIDE)2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14246172

この記事へのトラックバック一覧です: HERO’S2007名古屋大会、雑感:

« アビスパ福岡 1-1 山形、雑感 | トップページ | TBSが捏造!、HERO’S2007開幕戦にて »