« アビスパvs仙台の主審・池田直寛は第2の家本か? | トップページ | 3/22練習後のオシム監督コメント »

2007年3月21日 (水)

アビスパ 1-2 仙台、雑感

ホームでの敗戦、結構、痛い敗戦かもしれない。
前半、人もボールも良く動くサッカーを展開するアビスパ。組織的なディフェンスから素早い攻撃への切り替えなど、前半はアビスパペースだった。ただし林がいない分、高さがないため、サイドを破ってもかなり精度の高いクロスでないと得点が期待できない感じだった。前半、好調な時間帯に2点目を取っておきたいところだったのだろう。
後半、アビスパの足が徐々に止まっていく。試合間隔からいけば、前節試合のなかったアビスパが絶対有利かと思えたが、そうではなく、スケジュール的に厳しい仙台の方は動きが終始落ちることがなかった。
この試合、特に出来が悪かったのがチェッコリだ。ボールウォチャーになりマークを再三外している。アビスパの左サイドの裏は、明らかに弱点となっていた。この1試合だけで判断することはできないが、ホベルトを切ってまでチェッコリは取るべき選手(リティがシドニーにいた時がピークではなかったのか?)だったのか、4/1の京都、4/7のヴェルディ戦で明らかになるだろう。
しかし、最も気になったのが後半の運動量の落ち込み具合だ。J2という夏場にも容赦なく連戦が続く厳しいリーグ用のフィジカルをリティは準備できているのか?おそらくピークは9月、10月あたりに持ってくるような感じにしてるとは思うが、非常に気がかりだ。アビスパは選手の質は十分、J1昇格できるだけのものがあると思う。だが、フィジカル面が十分でなければ、その質を発揮することはできない。それは2006年ドイツW杯での日本代表の戦いぶりからも明かだろう。

人気blogランキングへ

|

« アビスパvs仙台の主審・池田直寛は第2の家本か? | トップページ | 3/22練習後のオシム監督コメント »

アビスパ関連2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14338406

この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 1-2 仙台、雑感:

« アビスパvs仙台の主審・池田直寛は第2の家本か? | トップページ | 3/22練習後のオシム監督コメント »