« PRIDE33公開計量&前日会見の動画 | トップページ | J2第1節、サガン鳥栖 0-5 アビスパ福岡 »

2007年2月25日 (日)

PRIDE33速報(ラスベガス)

ラスベガス、トーマス・マックセンターより、PRIDE33 THE SECOND COMING、なおセカンド・カミングには「キリストの再来」という意味もあるそうだ。

冒頭から高田総統登場「ハロウ! アメリカ!」。やはり英語はグダグダ(苦笑)。オープニング映像などは、佐藤D作でも、やはりアメリカ向けな感じ。客席は空席も目立つが、アメリカらしく、これから埋まっていくのだろう。
なお

第1試合 ヨアキム・ハンセン○ vs ●ジェイソン・アイルランド(3R、2分33秒、アームバー)
1R、ファーストテイクダウンはジェイソン、いいローも出していた。だが、後半盛り返したハンセンのラウンドかな。ハンセンは、やはり頭をそり上げていた方が凄みがでる。
2R、スタンドの首相撲からヒザを連打するハンセン。グランドに逃げてもパウンドをたたき込み、何度か間接を極めにかかるが、ジェイソンもなかなかしぶとい。
3R、もうばてばてのジェイソンに処刑人らしくヒザを連打していくハンセン。最後は三角絞めからアームバーに移行してハンセンの勝利。1試合目からいい試合でした。

第2試合 三崎和雄● vs○ フランク・トリッグ(3R、0-3判定)
1R、サイドポジションからバックを取られて執拗にコツコツとパンチと首を狙われ続けた三崎、1Rは完璧に取られました。
2R、またサイドを取られた三崎、バックマウントは抜けた。どうやらスタンド勝負でしか勝機がなさそう。スタミナ切れかかっているが、トリッグはさらにテイクダウンをとる。
3R,またテイクダンを取られる三崎。終始、上をキープされる。効果的なパウンドはそうないが、ポジションニングで圧倒された三崎の完敗でした。しかし、これで三崎はウエルターGPの貯金(あったのかも疑問だが)を全てはき出してしまっただろうなあ..。

第3試合 トラビス・ビュー● vs○ ジェームス・リー(1R、39秒、フロントチョーク)
中村和裕のケガにより急遽カードが変わったため、煽りVはなし。右ジャブがカウンターで入った後、チャンスを逃さずたたみ込んだリーが完勝。トラビスは何もできずに終わる。

第4試合 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ● vs○ ソクジュ(1R23秒、TKO)
ロー、右ハイキックからの左フック1発でソクジュがホジェリオをKO。いやあ、この負け方は驚きました。しかし、試合が短すぎてソクジュの実力がよく分かりません。スタンドがかなりのレベルにはあるんだろうが..。それにしても、これでしばらくホジェリオのタイトル挑戦はなくなってしまった。待たせすぎで可哀想な気もする。

第5試合 桜井“マッハ”速人○ vs ●マック・ダンジグ(2R、4分1秒、KO)
1R、ダンジグはキング・オブ・ザ・ケイジの元ライト級チャンピオン。開始からいいローを入れてるマッハ。スタンド勝負ではマッハは盤石の展開のようだ。ダンジグは寝技で一発があるかもしれないが..。
2R、1Rに引き続き重いローを入れていくマッハ。ダンジグがフックを打ってきたところにカウンターの右フックをぶち込んでマッハ激勝。

第6試合 セルゲイ・ハリトーノフ○ vs● マイク・ルソー(1R,3分46秒、アームバー)
ロシア軍人vsアメリカ警察官の対戦、なんとか崖っぷちのハリトーノフに勝ってもらいたいところだが..。煽りVはセルゲイの部分しか放送してませんねえ。元々はGアイブルが相手だったらしいが、その影響でしょう。
1R、ローが一発入れられて以降、スタンドではへっぴり腰になったルソー。しかし、テイクダウンからの圧力やグランドでのコントロール能力はありそうだ。ローを払われてからテイクダンを奪われるハリトーノフ。ぽっちゃり体型のルソーに上に乗られて苦しい体勢が続く。しかし、下からのアームバーでタップアウト。まだ試合勘が戻ってないようだが、ともかく再起戦を飾った。

第7試合 マウリシオ・ショーグン○ vs ●アリスター・オーフレイム(1R、3分27秒、TKO)
ボディへのヒザを入れられてから少し動きが落ちたショーグン。アリスターのスタンドに苦労している。解説のTKは「アリスターの調子の良さ」を指摘。なかなかテイクダウンを取れない。しかしテイクダウンを取ってからは、ショーグンのペース。スタンドの状態から飛び込んでからの右のパウンド一発でアリスターをKO。やはり強い。
ちなみにここから試合後のリング上で勝者インタビューが行われていく。

第8試合 五味隆典● vs ○ニック・ディアス(2R、1分46秒、フットチョーク)
五味より10cm身長で上回り、プロボクシング経験を持ち、さらにシーザー・グレイシー仕込みの柔術の技術を持つディアスは、五味にとって相性最悪だったのかも。
1R、ディアスのジャブにタックルを合わせる五味。パウンドを打ち込んでいく。ガードから三角などを狙っていくディアスに手こずっているようだ。五味はスタンドに戻った後、右フックをぶち込み、さらにパウンドをたたき込もうと襲いかかる。しかし仕留めることはできずブレイク。スタンドでディアスの鋭いジャブが五味を的確に捉えていく。3分30秒すぎから五味は、そのパンチのダメージで、ふらつきはじめる。かなりパンチをもらった五味、最後はいつKOされてもおかしくない状態だ
2R、チャンピオン五味をアメリカ人が追いつめてることで会場はかなりヒートアップしている。ディアスはスタンドで五味を追いつめる。だが五味が強烈な右フックを返すとディアスの顔面が切れ、ドクターチェックが行われるが続行される。スタンドのパンチ勝負では不利な五味はタックルからテイクダウンを奪うが、ディアスが五味の首に足を絡ませて固めてしまう。フットチョークで五味はタップアウト。五味、まさかの敗戦。それにしても五味と柔術家は、よっぽど相性が悪いのだろうか。最大の敗因はスタンドのボクシングでディアスに打ち負けたことだ。リーチの長さとテクニックで上回ったディアスに五味は完敗。UFCのライト級とウェルター級のレベルの高さが証明されてしまったのかもしれない。アウレリオにはなんとか再戦で勝つことができたが、ディアス相手では、かなり厳しいかもしれない。

第9試合 ヴァンダレイ・シウバ●vs ○ダン・ヘンダーソン(ミドル級タイトルマッチ、3R、2分8秒、TKO)
シウバの入場曲が変わった?
1R、スリップからテイクダウンを取ったシウバ。だが効果的なパウンドを入れることはできずにブレイクとなる。スタンドでは互角か。ダンの変則的で強烈なフックはかなり効果的に見える。4分過ぎ、シウバが左フックを当ててたたき込もうとするが、ヘンダーソンも打ち返しているうちにゴング。このラウンドは互角。(ちなみにラスベガスではドロー裁定もあるそうだ)
2R、シウバのパンチをかいくぐり組み付いてテイクダンに成功するダン。ガードの上からパウンド、肩パンチを打ち込んでいく。シウバの下からの十字も成功せず。終始、上のポジションをキープしたダンのラウンド。
3R、ダンのタックルを返したシウバがダンの首をとってがぶる体勢になる。通常のPRIDEルールなら、ここでシウバはヒザを頭部へたたき込むはずだが、ラスベガスでは4点ポジションでのヒザは認められていない。そこでバックを取りに行くシウバ。だが、ダンに逃げられてしまう。スタンドでバックブローを当てたダンが一気にシウバを追いつめ始める。ダンの右ストレートが効いた。そこから返しの2発目の左フックでダンがシウバをKO。会場は大騒ぎ。日本とブラジルののシウバファンは、おそらく愕然としただろう。会場からは「USAコール」が起こっている。(試合後のコメントだと、ダンは試合中に右腕を骨折していたようだ)

人気blogランキングへ

セミのディアスとともにダンヘンも激勝。アメリカ人にとっては「神興行」になったかもしれません。前回があくまで「顔見せ」だったのに対し、今回は、番狂わせが多すぎたような気もしますが、PRIDEらしい興行でした。
それにしても、DSEが売り出そうとしたシウバ、五味の両チャンピオンが負け、さらに新チャンピオンになったダンも骨折で、しばらくは出場できないとなると、これからの展開が難しいかもしれません。これでアメリカ市場にPRIDEは、かなり食い込んでいけるでしょう。しかし、次の展開は難しい。今頃は、榊原社長も、かなり頭を痛めているところでしょう。

|

« PRIDE33公開計量&前日会見の動画 | トップページ | J2第1節、サガン鳥栖 0-5 アビスパ福岡 »

格闘技(主にPRIDE)2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14039219

この記事へのトラックバック一覧です: PRIDE33速報(ラスベガス):

« PRIDE33公開計量&前日会見の動画 | トップページ | J2第1節、サガン鳥栖 0-5 アビスパ福岡 »