« 千代反田、新潟へ完全移籍 | トップページ | 秋山成勲オイル(ワセリン)疑惑について、菊田の見解 »

2007年1月 6日 (土)

秋山成勲は終わった

秋山成勲は終わった

プロ格闘家として終わった

この先、彼がどんなに強い相手に勝とうとも、それは変わらない

これから彼が勝つ度に、彼の反則を思い出すだろう「また、足にオイルを塗ったのか」と

多くの人は彼の反則を許さないだろう

2006年の大晦日、最も日本中で格闘技に注目が集まる日

彼は、どうしても桜庭に勝ちたかった

そして柔道時代と同じ汚い方法で、桜庭に勝つことができた

だが多くのものを失ってしまった

彼はそれに気付いていないようだが、我々がそれを忘れることはないだろう

秋山は、本当のHEROになれるはずだった

反則をしないでも勝てる可能性はかなりあったはずだ

負けたとしても素晴らしい試合が生まれるはずだった

だが彼は反則を犯し、偽りのHEROに成り下がった

失ったものはあまりに大きく、それを取り戻すことは不可能だろう

秋山成勲は終わった

プロ格闘家として終わった

サラ・ブライトマンの「Time to say good by」が聞こえるたび

多くの人間があの事件を思い出すだろう

この先、彼がどんなに強い相手に勝とうとも、それは変わらない

これから彼が勝つ度に、彼の反則を思い出すだろう

「また、足にオイルを塗ったのか」

多くの人は、彼の反則を許さないだろう

卑怯者に「やり逃げ」を許すほど、この国の人は甘くはないはずだ

HERO’Sは偽りのHEROを生み出すシステム

女、子供を一時的に騙すことはできても、永遠にごまかすことはできはしない

谷川貞治は選手の命よりも視聴率のことしか考えていない

レフリー梅木は簡単に買収された

このことは闇から闇へと葬り去られるだろう

だが多くの人は、忘れることはできないはずだ

秋山成勲は終わったプロ格闘家として終わったのだ

反則は自分で選んだことだがHERO’Sはそれを助長させる温床でもある

ひょっとしたら彼も犠牲者の1人かもしれない

だが、秋山は終わってしまったのだ

ダーティーなイメージを、もう落とすことはできない

彼へのスポンサーは離れ、試合の度に「反則野郎!」とやじられる

これからの秋山には、そういう人生が待っている

秋山成勲は終わった

あの日、2006年の大晦日にプロ格闘家・秋山成勲は終わったのだ

Time to say good by、あの日、秋山はHEROへの道に別れを告げたのだ

|

« 千代反田、新潟へ完全移籍 | トップページ | 秋山成勲オイル(ワセリン)疑惑について、菊田の見解 »

格闘技(主にPRIDE)2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14935077

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山成勲は終わった:

« 千代反田、新潟へ完全移籍 | トップページ | 秋山成勲オイル(ワセリン)疑惑について、菊田の見解 »