« 決勝の主審は家本 | トップページ | 更新されなかった梅木レフリーのブログ »

2007年1月 9日 (火)

秋山成勲疑惑追求の記事、速攻で消された!

2007年1月8日18時10分にスポーツナビにUPされた

桜庭からの秋山戦抗議を受け徹底検証へ=K-1 Dynamite!
が速攻(1時間ほど)で消された模様。なお、幸いキャッシュが残っていたようで、記事全文を読むことができる。
http://megalodon.jp/?url=http://sports.yahoo.co.jp/hl%3fc%3dsports%26d%3d20070108%26a%3d20070108-00000021-spnavi-fight&date=20070108191909

どうやら桜庭より試合直後に抗議文書が提出された模様。記者会見後の囲み記事で谷川貞治氏が語ったことを元に書かれた記事が速攻消されるということが分かり、まずます疑惑は深まるばかりです。K-1サイドとしては、もうこの問題は終わりにしたい。うやむやにしたいということなのでしょうが、この不手際で、さらにネットの大炎上に油を注いだようだ。

それにしてもK-1のとほほな対応ぶりには唖然です。個人的にはさらに確信が深まっています。

なお、ジーニアスさんのサイト「悲しきアイアンマン」で、この記事削除に関してよくまとめてありますので、ご参照ください

http://sadironman.seesaa.net/article/31099467.html#more

しかし、この騒動がプロレスだったら、かなりおいしいのは間違いない。黄金期の新日・猪木&新間コンビであれば、間違いなく、このスキャンダルを使って多くの人を集客しただろう。秋山に「そんなにゴチャゴチャいうんだったら怪我が治ったら再戦してやるよ」と言わせて、レフリーを和田良覚氏、そしてチェックに前田日明氏(ベストは菊田早苗氏)の立会いのもとギなしで厳重に両者をチェックさせた上(もちろんTVと場内の大画面では完璧にその場面を流す)で、再戦(ギなし)した方が、盛り上がっていいような気がしてきました。これはあの伝説の「桜庭vsホイス戦」なみに盛り上がるかもしれません。ちなみに、個人的には、この展開で再戦が組まれるのであれば、間違いなく会場に行きます(苦笑、もともとプロレスファンから入っているので、こういう妄想もしてしまいます)

それにしても、K-1は、この疑惑・騒ぎをどうやって消火するつもりなんだろう..。少しはK-1に良心が残っていることをのぞみたいが、あのK-1じゃ無理だろうなあ..。

|

« 決勝の主審は家本 | トップページ | 更新されなかった梅木レフリーのブログ »

格闘技(主にPRIDE)2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14935073

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山成勲疑惑追求の記事、速攻で消された!:

« 決勝の主審は家本 | トップページ | 更新されなかった梅木レフリーのブログ »