« 博多へ、遠征することにしました | トップページ | 入れ替え戦の雰囲気がなかった博多の街 »

2006年12月 9日 (土)

がっぱし! アビスパ 1-1 神戸

入替第2戦展望

羽田発7時50分の福岡行きの飛行機の中、これを書いている。

入替第2戦、神戸はまず、ラインを少し引き気味に設定し、前線の3人(恐らく、三浦、近藤、パク)のスピードを生かしたカウンター狙いでくるはずだ。前線の攻撃力は、神戸が上だ。アビスパは、甲府戦の前半で見せたような、DF時の集中力を切らさないように、攻撃的に出るしかない。DF時のポイントは、2つ。第1戦で、茂木相手に苦労していた吉村の出来と、三浦のセットプレーからの精度の高いキックだろう。あとは、神戸DF陣の高さも、特に気をつけるべきだ。

攻撃の方は、ケガ明けの古賀の調子が気掛かりだ。あとは、ケガ持ちの飯尾、久藤の状態も気になる。1戦目、飯尾は、まあまあの出来だったので、先発だろうが、個人的には、甲府戦で素晴らしいキレとスピードを見せた田中が、何かやってくれるような気がしてならない。

ともかく、この大一番、勝負は間違いなくディテールで決まる。一つのビッグプレー、一つの集中力切れからのミスが、両チームの運命を決めるはずだ。純粋に前線の決定力と相性を考慮すると、アビスパが、やや不利という気がしてならない。博多の森のサポの力で、これをなんとか引っ繰り返したいところだろう。
この試合、選手、監督、フロント、サポーター、そのすべての人々の気持ちの強さが勝負を決めるはずだ。アビスパが、上回っていることを、僕は願っている。(行きの機内で書いて、試合前にUPしようと思いましたが、福岡市内をいろいろ回ってるうちに、時間がなくなってしまいました)

ということで、さきほど、博多から都内へ帰ってきました。予定では残留を決めてから、もつ鍋を食べて帰ってくるつもりでしたが、とてもそんな気になりませんでした。いろいろと書きたいことはありますが、あまりにも「がっぱし!(ガックリ)」なので、今日はともかく寝ます。気分が戻れば、UPしますが、いつ戻るかは、自分でも分かりません。(いくらなんでも、正月前には回復すると思いますが...)

|

« 博多へ、遠征することにしました | トップページ | 入れ替え戦の雰囲気がなかった博多の街 »

アビスパ関連2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14935088

この記事へのトラックバック一覧です: がっぱし! アビスパ 1-1 神戸:

« 博多へ、遠征することにしました | トップページ | 入れ替え戦の雰囲気がなかった博多の街 »