« 名古屋vsアビスパ、コメント | トップページ | 残り1節、シュミレーション »

2006年11月26日 (日)

名古屋 2-0 アビスパ、雑感

ヨンセンがいない分、アビスパにもチャンスがあるかに思われたが、名古屋の主力4人が前節出場停止だったため、その分、アビスパの選手よりも、かなりフレッシュな状態だった。アビスパは、前節の激闘から、スタメンを入れ替えることもほぼなく(柳楽だけ)で、疲労からか激しいプレスからボールを奪いサイドに展開、そして、ゴール前に何人か入り込んで得点するという形を取ることができなかった。疲れと、途中から降り出した雨がアビスパには不利に働いたようだ。個人的には、柳楽の若さと、経験があるはずの吉村の軽率なプレー、そして布部から得点の匂いが漂っていないことが目につく。ともかく、全体に疲れていた。これで終わったかと思ったが、残留を決めて気が抜けているはずの大宮が勝ってくれたので、首の皮一枚残ったという感じだろうか。ともかく「ありがとう、橋本!」という以外、何も収穫がなかったような試合で、脱力感しか残らない試合だった。選手もそうだが、見ている方も精神の勤続疲労みたいなものを感じるゲームだった。
入替戦に進出したら、相手は神戸か柏。こちらも熾烈な争いを繰り広げているが、早いうちから「最低、入れ替え戦には出れる」という気持があることもあり、アビスパが受けているほどのプレッシャーは、この両チームは抱えてないだろう。
まだ入れ替え戦進出が決定したわけでもないが、入れ替え戦は「180分、1本勝負」と考えて、初戦は、かなりメンバーを入れ替えて、フレッシュなメンバーで臨むという方法も、川勝は考えた方がいいかもしれない。(入れ替え戦の初戦は、最終節から4日後で、おそらくかなり疲労が残る状態で臨むことになるだろう)

|

« 名古屋vsアビスパ、コメント | トップページ | 残り1節、シュミレーション »

アビスパ関連2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14935094

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋 2-0 アビスパ、雑感:

« 名古屋vsアビスパ、コメント | トップページ | 残り1節、シュミレーション »