« 対広島戦を前に | トップページ | アビスパvs広島、コメント »

2006年11月11日 (土)

アビスパ 0-2 広島、雑感

この試合、最も勝敗に影響したのは天気だったような気がする。アビスパの場合、細かいパス回しからサイドでチャンスを作り、そこから点を取るという形が現在、最も得点の可能性を感じさせる。だが、本日の天気は、時折、激しくなる雨と強烈な風。この天気が、足元のコントロールを微妙に狂わせ、攻撃に速さを出すことができなかった。さらに寒さがケガ持ちの飯尾と古賀誠史の動きから鋭さを奪ったようだ。一方、広島の方は、ウェズレイと寿人が絶好調で、この二人のコンビだけで点を取れる可能性を秘めていた。前半15分のウェズレイのゴールは、このブラジル人の能力にやられたものだし、1分後の、ミスを生かした寿人と嫌な所へ入り込んでヘッドで押し込んだウェズレイの嗅覚と決定力はさすがだったと思う。

広島のゲームプランはとにかくまずディフェンス重視で、まず守って2トップ+1人ぐらいで点を取れればいいという感じだった。アビスパも残留のためには非常に重要な試合だったため、慎重な入り方をした。これが広島に余裕を持たせることになってしまった気がする。ホームでもあり、開始10分限定で相手DFラインからでもプレスをかけていれば、ここまで広島のゲームプラン通りに運ばなかったような気がするが、これはあくまで結果論にしか過ぎない。(それにしても、こういうゲームで、ホベルトを最初から使わなかったのは、明らかに川勝のミスだろう。しつこいようだが、川勝が佐伯をあそこまで重用する理由が、自分にはどうしても分からない)。さらにこの雨が、さらにひどくなる可能性もあり、グラウンダーのパスでの攻撃が構築できない場合、バロンやアレシャンドロ(どういう選手か見たことないので、どれだけやれるかは不明。だが187cmの身長があれば並のDF相手に頭で勝つことは可能だろう)というヘッドの強そうな選手をベンチに置いておかなかったというのも、川勝のこの試合におけるゲームプラン、読みが甘かったような気がする。さらに「今が、一番痛い」という状態の飯尾よりも、田中か有光か藪田の誰か状態のいい選手を使うべきだったような気がする。(まあ、負けたから、その原因は、いくつでも挙げられるのだが)

ともかくこれで、入替戦なしでの残留はなくなったと考えるべきだろう。選手は気持を切り替えて、川勝は、もっと選手の状態をきっちり見てゲームプランをよく考えて、次の川崎戦に臨むべきだ。幸い、セレッソはホームで2点差を追いつきながら結局は負けているし、京都もホームで勝つことはできなかった。さらに、川崎はジュニーニョ、マルコン、マギヌン、箕輪がアビスパとの試合に出場できない。さらに中村が代表戦で、いくらか消耗した状態になるはずだ。今シーズンの出来から言えばアウェイで川崎に勝つことは、かなり厳しかったはずだが、これだけの条件が揃えば、十分に勝ち点3を取ることは可能なはずだ。今シーズン、まだサッカーの神はアビスパを見放してはいない。あとは、どうチャンスを掴むかだろう。「死んでも生き残れ!」という戦いは、まだまだ続く。

|

« 対広島戦を前に | トップページ | アビスパvs広島、コメント »

アビスパ関連2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14935104

この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 0-2 広島、雑感:

« 対広島戦を前に | トップページ | アビスパvs広島、コメント »