« アビスパvsジュビロ、コメント | トップページ | あと6節、それぞれの対戦相手 »

2006年10月22日 (日)

PRIDE32、速報

1週間の疲れのため、10:00前に起床できず。12:00~からのタイムシフト放送にて、PRIDEの命運をかけたPRIDE32,ラスベガス大会の速報をしたいと思います。ただし、途中で、更新がとぎれた場合は、寝てしまった可能性が高いので、その時はご容赦ください。しかし、今日は、PRIDEの後、アビスパ対ジュビロ、クラシコという流れになりそう。せっかくの休日だけど、休息はできなさそうなのが、辛いところですね。

解説はTKこと高阪剛、UFCといい、PRIDEといい、解説として引っ張りだこですね。さて注目のオープニング、レフリー紹介は、日本とほぼ同じ。そして、選手登場も、PRIDEでは基本の形を取っているもの。アナウンサーもコールする女性も同じ。榊原社長が言っていた「日本でやってるPRIDEをそのまま持ち込む」という言葉通り。しかし、これがアメリカのFANに受けいられるかどうかは、この大会をやってみての反応によるだろう。

第1試合、ジョーイ・ヴィラセニュール●vsロビー・ローラー○:ローラーの飛び膝から、パウンドで秒殺。しかし、カメラワークとスィッチングは、なんかぎくしゃくしてますねえ。(ローラーのマイク中にも、試合のVTRが流れるなど)

第2試合、中村和裕○vsトラビス・ガルブレイス●:さすがに中村入場時のドン・キホーテの宣伝はなし。1R:中村の右フックからパウンドをたたき込もうとするが、ガルブレイスもディフェンスが強い。しかし、展開は、互角に近い。ややガルブレイスがスタミナ切れか。2R:中村が膝をたたき込み、ダウンしたところを、パウンドでTKO勝ち。相手が基本的な体格が一回り小さいというのもあるが、中尾戦に比べて、中村はアグレッシブで、まあまあだった。

第3試合、西島洋介●vsフィル・バローニ○:1R、ファーストタックルを簡単に決められ、テイクダウンされ、たこ殴りされて、最後はアームロックを完璧に決められて、西島完敗。やはり西島は、秋山の爪の垢でも煎じて飲んだ方がいかも(苦笑)。英語のマイクでは、やはり解説に、英語で同時通訳できるクラスの人を置いた方がいいかも。(WOWOWでは、小泉さんがボクシングでやってるよね)

第4試合、ダン・ヘンダーソン○vsビクトー・ベウフォート●:1R、レベルの高い試合だが、ややダン有利。ただし、アメリカ人向けではない展開かな。2R:やや両者スタミナ切れか、しかし、やはりダン有利。3R:レスリング対柔術の異種格闘技だったが、全ての面でダンが上回った。三崎戦は、いかに調子が悪かったかが、分かる試合だ。大晦日は、ぜひ、Dカーンとフィリョの勝者とタイトルマッチをしてもらいたい。判定3-0。(なお、ドロー裁定も、この大会はあり)

第5試合、バター・ビーン○vsショーン・オヘア●、急遽、対戦相手が変わったため、オヘアの煽り映像はなし(笑):1R、組み付いた状態からのショートフックの連打でビーンKO勝ち。秒殺。マーク・ハントと、やはり、どつき合いを見たかった。あのバタービーンが、打ち負けることで、アメリカのファンにも、PRIDEの凄さが伝わったはずだからねえ...。しかし、ビーンは知名度あるねえ、アメリカでは。

ここで前半終了、休憩。やはり、20分かな?PRIDEガールのショーも、そのままのようだ。スカパー!では放送されないが。

再開、高田総統、登場!英語を必死に暗記したようなマイク(大笑)。「男の中の男達、出てこいや!」で、PRIDE戦士たちが、リングに登場。(マッハ、吉田、藤田が挨拶)。1回目としては、総統の挨拶は、まあまあかな。アメリカの人気コメンテイター(リングアナかな?)から、盛り上げ方を、もっとレッスンしてもらった方がいいけどね。

第6試合、ジョシュ・バーネット○vsパウエル・ナツラ●:1R、組み合い(差し合い)とグランドでは、ややナツラ有利か。ジョシュは、あの無差別GPのダメージが、やや残っているようだ。これはナツラが勝つかもしれない。2R、ジョシュ、アンクルホールドで逆転勝ち。いやあ、危なかった。ナツラの進化もあるが、最大の要因は、やはりジョシュのGP決勝の後遺症だろう。大晦日は、ミルコのケガもあるが、ヒョードルとのタイトルマッチは、準備期間が少なすぎるだろうなあ。

ここでシウバ登場:チャック・リデルへ対戦表明

第7試合、マウリシオ・ショーグン○vsケビン・ランデルマン●:1R、気合いが入っているランデルマン。ケビンはさいさんの足関節をよく我慢したが、ショーグンひざ十字で完勝。

第8試合(メイン)、エメリヤーエンコ・ヒョードルvsマーク・コールマン:おそらく「家族愛をテーマ」にしたこの煽りVは、今大会、最も力を入れたものだろう。これで、「USAコール」か「コールマン(マイク)コール」は起こるのか?、1R,いやあ、相変わらず、ヒョードルのボディバランスの良さは凄いわ!。「フェードル」コールが起こっています。2R、テイクダウン取ってから、逆に腕ひしぎ十字を取られて、コールマン、前回の対戦と同じように敗戦。やはり、強かったヒョードル。

最後は、コールマンの可愛い娘も登場して、家族愛テーマのコールマン劇場が行われる。いい時のプロレスのメインのような終わり方だった。

今大会、最高のPRIDEではなかったが、平均点は十分クリアしているだろう。あとは、このクオリティで、チケット販売と、最も重要なPPVが、どこまで伸びるのか、これがPRIDEの命運を握るだろう。

|

« アビスパvsジュビロ、コメント | トップページ | あと6節、それぞれの対戦相手 »

格闘技(主にPRIDE)2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14935110

この記事へのトラックバック一覧です: PRIDE32、速報:

« アビスパvsジュビロ、コメント | トップページ | あと6節、それぞれの対戦相手 »