« イエメン戦後、記者会見 | トップページ | J1第18節、アビスパ 4-5 京都、結果とコメント »

2006年8月16日 (水)

イエメン戦後、選手コメント

阿部勇樹(ジェフ千葉) :相手は引いてカウンター狙いだった。もっと早くボールを動かさないと。両サイドの高い位置を取れれば、チャンスは作れると思った。前半はリスクを冒してプレーすることが少なかった。後ろ(ディフェンスライン)に人数が多過ぎて、相手が戻ってきてしまっていたので、あまり意味がなかった。(羽生や佐藤勇が入ってきて)相手の裏やサイドに抜けて、その分、中央にスペースが生まれてボールが入れられるようになった。ゴールできたことは良かった。自分はファーでは(ヘッドで)勝てないから、タイミングを見てニアで狙った方がチャンスはあると思った。久しぶりの代表なのでちょっと緊張した。後半は相手が前に人数を残してきたので、ディフェンス3枚で守るようにしていた。その方がボールは回りやすかったと思う。

遠藤保仁(ガンバ大阪) :前半はチャンスがありながら、何度も決められなかった。2試合目ということで、まだうまくいかないところがある。ディフェンスラインで1対1の場面を作られてしまった。そこは気をつけないと。後ろから飛び出していけばチャンスは作れる。カバーリングはしっかりしたい。(今日は走れたか?)暑さはあまり言い訳にはしたくはないけれど、日程的にきつかった部分はある。気持ちは入っていたけれども、動けなかった。もうちょっとボールに絡めないと。自分では満足していない。セットプレーであと2点くらいは取れていたと思う。ハーフタイムで、オシム監督は多少イラついていたようだ。もっと速いパス回しをするように言われた。

駒野友一(サンフレッチェ広島) :交代したのは、この前のJの試合で左のももを痛めていたから。少し痛みが残っていた。前半、1対1で抜いてクロスを上げたときに、ピリッと来た。(試合前の指示は)相手が引いてくるのでサイドで数的優位を作って、高い位置を保つように意識した。(次はアウエー2連戦だが)難しい試合になるが、オシムさんのサッカーをチームとして理解し、やっていきたい。自分ではコンディションが悪いとは思っていなかったけれど、相手が引いた守りをしていたので難しかった。もっとボールを動かすサッカーをしないといけない。

佐藤勇人(ジェフ千葉) :3年間ずっとオシムに教わってきたので、どのタイミングで飛び出すか、そういったことは分かっている。ただ今日は相手にとって危険な存在にはなっていなかった。オシムもベンチでイライラしていた。(途中出場について)僕にしろ羽生にしろ多少なりとも信頼されていたからだと思う。もっとそれに応えなければならない。(オシム監督の目指すサッカーは)すぐには難しいけれども、素晴らしい選手がそろっているし、吸収力もあると思う。後ろ(ディフェンス)が気になるところがあるかもしれないが、自分が走ってチャンスが作れるなら、どんどんリスクを冒してもいいと思う。ただしリスクの掛け方は考えなければいけない。

佐藤寿人(サンフレッチェ広島) :(途中出場で)自分に求められていたのは、ゲームを落ち着かせて、1-0で終わらせること。でも、やっぱりもっと長く使ってもらえる選手にならなければいけない。(ベンチからの指示は)本来FWというものは点を取ってこいと言われるものだけれど、そういう指示ではなかった。縦に行くのではなく、(ボールを)横にはたいて、リズムを作るように言われた。(ゴールは)直接決められなかったのは、力のなさだと思う。しっくりいかない部分もある。あれだけいいボールは直接決めないと。今日のGKははじいてくれたけれど、もっと質の高いGKだったら、ゴールにはならなかったと思う。でも、こぼれ球を決められたのはインザーギっぽくて良かった。

田中マルクス闘莉王(浦和レッズ) :(惜しいシュートがあったが)遠藤のボールは良かった。こすれば入ると思った。GKがどこにいるか分からず、正面に(シュートが)行ってしまった。やっぱりなかなか入らないね。ゴールの難しさを感じた。大事に行き過ぎた部分もあった。前の人を追い抜く動きができなかったし、リズムも作れなかった。

鈴木啓太選手(浦和):「難しい試合になることはわかっていた。前半は少し足元で動くタイプが多かったけど、自分はもう少し速いタイミングでボールを回したかった。前半はうまいタイプが多いし、相手がゴール前を固めて来るとなかなかスペースが空いてこない。多少、サイドに開いて逆を狙っていくとか工夫が必要だった。僕と阿部のところで三都主とやっとさん(遠藤)を追い越してFWと前の間でボールを受ける必要もあったのかな。そういう場面をもっと増やさなければいけなかった。ハーフタイムの監督は自分たちのやるべきことをやっていないといっていた。自由を与えてもらっているけど、その中にも大きな枠組みはある。それを無視して自分たちのプレーに走っていた面はある。じれずにボールを早くを回すといったことがもっと必要だった。じれているとこういうゲーム展開になってしまう。後半修正できたように思うが、もっとボールを早く動かせばよかった。前半、1本入り込んでシュートまで持ち込んだ場面があったが、ああいうシーンをもっと増やしていきたい。ボールを動かすにしても、頭を使った回し方や強弱をつけたパスができればと思う。羽生さんが流れを変えてくれたのは大きかった。前半もいろんなタイプの選手がいて、そういう特徴を生かしながら戦えばよかったけど。さすが羽生さんは『知った選手だな』と思った。闘莉王の攻め上がりに関しては、前へいきたそうにしていたから、その瞬間は自分が下がったりしていた。前に上がるふりをしてポジションを替えたり。彼はあまりマークされることがないんで、浦和の中でもやっているし。とにかくもっとリスクを冒さないと勝てないと思った」

羽生直剛選手(千葉):「前半、ベンチから観ていて、動きが少ない印象があった。後半入るとき、監督からの指示は特になかったが、後半のアタマから入るということは、動きが少なく、チームのリズムが悪いから入れてくれたのだと思う。後半からいける準備をしろと前半のうちから言われていた。ハーフタイムは監督もイラだっていた。プラン通り行っていなかったから。本来ならもっと速いパス回しから何点か入っているはずだった。監督は「もっとリスクを負って前にでよう」と言った。そこで僕は左に入って、右の遠藤君(遠藤保仁選手:G大阪)とポジションチェンジしながら動いた。途中からは左の前に入って、点が入った後はバランスも大事なんで、啓太(鈴木啓太選手:浦和)と勇人(佐藤勇人選手:千葉)との関係を考えながらあまりポジションを崩さないようにした。チームを活性化するために、無駄走りでもいいから、スペースをあける、誰かが仕事をするスペースを作る動きを意識しながらプレーした。とにかく、足を引っ張らないように、ピッチの中に居る選手が気持ち良くプレー出来るように、(自分が入ることで)チームとしてメリットとなるように…と思いながらプレーした。無駄走りでも、長い距離を走ったことで、少しリズムは生まれたのではないかなと思う。1点目につながるコーナーを取ったシーン? 自分がつっかけてシュートまで行きたかったところで闘莉王(田中マルクス闘莉王選手:浦和)が見えて、ワンツーから勝負に行こうとした。そこでシュートに行ったらブロックされてCKになった。チームとしてはまだまだま足りない部分が多い。まだ2試合で完璧にできるはずがないし、悪いなりに勝てたことは収穫。前半からボールと人の動きサッカーをしたかったボールを持ったときのプレーはミスも多かったし、まだまだだなと思った。出来るだけ長く代表に呼んでもらえるように、Jリーグに戻ってもしっかりプレーしたい」

巻誠一郎選手(千葉):「なかなかうまくいかなかったというのが正直なところ。うまくボールを回せなかったし。相手の中の方が少し詰まっていたけど、サイドは2対1を作ることができた。だからもっと崩せたと思う。それに最後に僕が決めていたら楽になった試合。あれも自分の実力です。ヘッドの時、しっかりとボールは飛ばせていたし、ゴールを決める意識をもっと持たないといけなかった。ハーフタイムに監督が怒った? オシム監督がいつも通りといえばいつも通り。もっとボールを回してほしいと言っていた。シュートに関しては、狙ったところには行っていたから、後は決めるか決めないか。厳しい状況だった。でも日本代表の先発としてはやっていかないといけない。達也(田中達也選手:浦和)とのコンビ? なかなかスペースがなかったけど、アレ(三都主アレサンドロ選手:浦和)と遠藤君(遠藤保仁選手:G大阪)が開いて真ん中のスペースを使ってほしいと言っていたから、その意識は持っていた。でも結果がでなかった。オシムさんのサッカーはすぐに浸透できるものでもない。後半から羽生さんが入って流れが変わった、相手DFをサイドに揺さぶるようになって、達也のドリブルを出せたり、ワンツーがでたりして、スペースも空いた。非常にやりやすくなった。千葉のサッカーだともう2~3人は飛び出してくるけど、代表は違うチーム。今は初めの一歩だし、今日はまず勝ち点を取ることが一番重要だった。これからはもっと動きのある危険なサッカーをしたい。今日はみんなが自分のスペースを守っていて、リスクを冒す回数が少なかった。引いて守る相手にはリスクを冒さないと」

三都主アレサンドロ選手(浦和):「もう少し自分から勝負すべきだった。もっと高いところでプレーしないといけなかった。やっと(遠藤保仁選手:G大阪)とポジションチェンジをしたけど、引いた相手を崩せなかった。サイドでもプレーできなかった。引いた相手とやるのはこのチームでは初めてでやりづらさがあった。でもFIFAランクが下の相手をやったのはいい経験だと思う」

|

« イエメン戦後、記者会見 | トップページ | J1第18節、アビスパ 4-5 京都、結果とコメント »

オシム関連(資料)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエメン戦後、選手コメント:

« イエメン戦後、記者会見 | トップページ | J1第18節、アビスパ 4-5 京都、結果とコメント »