« 9/3サウジ戦の放映問題 | トップページ | イエメン戦メンバー(背番号つき) »

2006年8月14日 (月)

2007年以降のJリーグ放映権について

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/headlines/20060814-00000056-kyodo_sp-spo.html

これはサウジ戦よりも10倍以上、重大な問題である。2007年~2011年までの5年間、地上波とBSでは、Jの重要な試合(優勝のかかった試合や残留をかけた試合。あとはおそらく浦和レッズの試合)は見ることができないと思っていた方がいいだろう。問題はNHKが放映権料の減額要求を受けたことから始まった。(おそらく受信料不払い問題の影響が大きいのだろうが)今年の春先から、NHKとJリーグでずっと交渉してきた模様だが、どうやら最悪の結論になりそうだ。有料放送だけになれば、まだそこまでサッカー好きではない人々や今は興味がない人々への波及効果は全く期待できなくなるだろう。既存のJクラブに対して、放映権料という安定収入の維持を優先させた判断なのだろうが、この5年間はファンの数が先細りになるはずだ。既に地元に浸透したクラブには、そう影響はないかもしれない。だが、そこまで浸透していないクラブにとっては、未来のファン、サポーターを失うという結果になりそうな気がしている。もし、スカパー!に全試合の放送権と指定試合の優先権を与えるにしても、ローカル局の地上波に対しては優先権を放棄させるような策略をJリーグには期待したいところだ。

資料:CSメディアパワーの検証2004
BSデジタル 564万世帯(2004年4月)
CATV 490万世帯(2004年1月)
スカパー! 368万世帯(2004年6月)
BS1、BS2 1184万世帯(2003年10月)
地上波 4706万世帯(2000年の国勢調査)

2011年7月 アナログ放送を停止

|

« 9/3サウジ戦の放映問題 | トップページ | イエメン戦メンバー(背番号つき) »

サッカー関連番組&ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/11441890

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年以降のJリーグ放映権について:

« 9/3サウジ戦の放映問題 | トップページ | イエメン戦メンバー(背番号つき) »