« チケット相場、7/1、ブラジル対フランス | トップページ | 7/2、写真のサムネイルを見やすくしてみました。 »

2006年7月 2日 (日)

7/2、コラム、日本サッカー協会の行きすぎたメディアコントロールがもたらすもの

「蹴閑ガゼッタ」さんの6/30の記事で見たのだが、フリージャーナリストの某M島女史と週刊SM元編集長のT野氏は、今回の日本代表でとんでもないW杯総括をしたようだ。それもほぼ同時のタイミングで出されている。ちょっとでもジーコ批判にあたると協会が(勝手に)判断した「オシムの言葉」の著者である木村氏には、Jクラブに圧力をかけ取材拒否をかける。そして自分たちの息のかかった記者には「協会の責任や過失にはふれずに、別の議論にすり替えよう」とする提灯記事を書かせる。おそらく川淵キャプテンか広報担当者の意向に違いない。ブッシュ大統領ばりに「Show the flag!」と号令をかけたのだろう。 自分たちでは押さえきれない大メディア(TV局や新聞社)には、帰国後の会見でわざと後任監督に「オシム」という言葉を出して、議論をそらすことに成功した。後は、その原因と問題点が見えているはずのジャーナリストやサッカー雑誌等を押さえてしまえば、川淵三郎の責任逃れは成功すると思っているのだろう。どうやら、彼らには日本サッカーの未来よりも、自分たちの地位の保全の方が重要らしい。「記事は書かせてやる。ただし、我々の都合のいい記事だけだ。もし、我々に不都合な記事を書いた場合は取材拒否する」ここまでくるとメディアコントロールどころではない。まるで戦前の大政翼賛会と同じだ。自分たちに都合のいい記事だけを流して国民の目をそらし、そして日本は泥沼の第二次世界大戦へ突入した。
またジャンルは違うが、こういう例もある。10年ほど前、週刊プロレスという、当時週刊ベースで10万部ほど売れていた雑誌があった。出版社は週刊SMや週刊ベースボールを出しているベースボールマガジン社で、週刊プロレスは、この2つを押さえて、当時、BM社の一番のドル箱雑誌だったのだ。しかし、当時、全盛を誇っていた業界の盟主・新日本プロレスと衝突し、雑誌自体が取材拒否を受けてしまう。当然、部数は激減した。BM社は当時の名物編集長を更迭し、新しい編集長を据え新日本プロレスに謝罪することで、取材拒否を解除することはできた。しかし、その結果、週刊プロレスは特色のない単なるクラスマガジンに成り下がり、現在、部数は激減したままだ。また外部からのチェック機能が働かなくなった新日本プロレスもそれからは迷走につぐ迷走をはじめた。今年の恒例の1/4東京ドーム興行では、新宿・歌舞伎町で、かなりの数(万単位)のただ券がばら撒かれたようだ。それでも半分しかドームが埋まらなかったという。そして新日本プロレスは東京ドーム興行からついに撤退することになってしまった。思えば、あの取材拒否から雑誌にも新日本プロレスという団体にも活力がなくなった。衰退の原因はいろいろあるが、取材拒否が一番大きな原因の一つだったことだけは間違いない。
どうやら、今も昔も、権力を保持しようとする人々の考えることは、そう変わらないようだ。チェック機能が働かない組織は、いずれ滅びてしまう。議論のない所からは活力も展望も生まれない。そして権力者たちの暴走は迷走と変わっていく。自分の目からは、日本サッカー協会も、その状態に入りかけているようにしか見えない。自己修正機能が働かず、外部からのチェックも受けない今の川淵体制では、日本サッカーをミスリードし続けるだけだ。そして、いずれ日本サッカーは焦土と化してしまうだろう。それを防ぐためにも、今回は川淵キャプテンの首を取る(ローマ帝国時代のように本当に取ることではありません。責任を取って辞めてもらうという意味です。念のため)ことが、どうしても必要だ。これは日本サッカーの未来がかかった戦いなのだ。
しかし、第二次世界大戦と違って、戦いぶりと迷走が白日の下にさらされているというのに、彼らは責任から逃げ切れると思っているのかねえ..。

|

« チケット相場、7/1、ブラジル対フランス | トップページ | 7/2、写真のサムネイルを見やすくしてみました。 »

「川淵会長にレッドカードを」関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14935188

この記事へのトラックバック一覧です: 7/2、コラム、日本サッカー協会の行きすぎたメディアコントロールがもたらすもの :

« チケット相場、7/1、ブラジル対フランス | トップページ | 7/2、写真のサムネイルを見やすくしてみました。 »