« チケット相場、6/26イタリア対オーストラリア | トップページ | 時刻表抜粋、6/30、ドイツ対アルゼンチン(17:00、ベルリン) »

2006年6月26日 (月)

6/26観戦記録、イタリア対オーストラリア(決勝T1回戦)

トヨタカップでのプラティニ率いるユベントス、そしてオランダトライアングルを抱えた黄金時代のACミランから私のイタリアへのあこがれははじまっている。初めての海外一人旅もイタリアだった。それらの思い出からイタリアの青いユニフォームを見ると、どうしてもミーハーに戻ってしまう(苦笑)今回も「デル・ピエロ、ジラルディーノ、ピルロ、ブッフォン、カンナバーロ、ガットゥーゾ」たくさんのスター達がいるのを見ると、つい微笑んでしまう。今日は攻撃的に変化したイタリアがオーストラリアをどう料理するかを見にきたようなものだ。幸い、周囲はイタリア人が多く、心おきなく応援できる席だった。しかし、予想とは違い、別の意味でのイタリアの懐の深さを見ることになる。

開始から15分ほどは、リッピ体制になって変化したイタリア代表をみることができた。デルピエロの開始直後のクロスから始まり、トニのポストとピルロのパス回しを基点に、イタリアは立て続けにチャンスを作る。しかし、トニが決めきれない。シーズン中は絶好調だったトニだが、今大会ではいまいちのように見える。オーストラリアもこれに激しい当たりで対抗、前半25分からはややオーストラリア優勢の状況だが、試合はやや降着しはじめていた。しかし、それはいつものイタリアのペースであるとも言えた。
しかし、イタリアのゲームプランが突然崩れる。後半開始から不調のジラルディーノに代えてイヤキンタを投入し攻勢に出ようとした瞬間、この日唯一の不安材料だったマテラッツィが退場になったのだ。しかし、キャプテン・カンナバーロは至って冷静に見えた。まずはガットゥーゾにDFラインに入るよう指示、いくつか要点だけを伝える。そして中盤の構成も変えて緊急体制をしのぐ。5分後、トニに代えて、若いCBバルザーリが入ると、さらに細かく指示をしてDFラインを引き締めた。攻撃的なイタリアは陰をひそめ、今までのイタリアに戻る。オーストラリアも怒濤のアタックを見せるが、「オーストラリアのゴールへの過程」のどこかで必ずイタリアは精度を狂わせて得点を許さない。たとえシュートまで持っていけたとしてもコースをかなり限定していたため、当然のようにブッフォンがセーブする。それにしてもカンナバーロが良かった。DFラインから飛び出した時は、当然のように中盤でオーストラリアの攻撃を迅速につぶす。高いクロスが来ても、自分より10cm以上高い相手に対し、必ず一歩先に体を入れて高く飛び競り勝つ。そして何より危ないと思われた場面には必ず彼の姿があった。オーストラリアの攻撃は彼に見切られてしまっているようだ。同じ青の5番のキャプテン(加茂的表現)でも、どこかの国とは大違いだ(苦笑)。カンナバーロの奮闘で10人でも守備ではなんとかめどが立ったイタリアだが、得意のカウンターは不発に終わりそうな状況だ。デルピエロは全く輝きがなく、イヤキンタは、あまりにもミスが多く。点が取れそうにない。75分にデルピエロに代わりトッティが入って攻撃時に少しリズムは生まれたが、肝心のFWがあれではどうしようもなかった。一方のヒディングの方も81分、初めてカードを切りFWアロイージを投入。得意の交代策も消極的だ。延長もにらんでいるのだろうが、ここにきてキューエルの負傷とクロアチア戦でのエマートンの退場が響いているようだ。
しかし、ロスタイムに入り延長の雰囲気が濃厚になってきた頃、いきなり勝負は決まる。イタリアがオーストラリアDF陣の一瞬の集中切れをつく。ここぞとばかり自陣から攻め上がった左サイドバックのグロッソがPKエリア奥まで進入、PKを誘った。その罠に見事にオーストラリアDFが引っかかる。PKをトッティが決めたと同時にゲームは終了した。両者の差は、そんなにはなかったはずだ。ただ、両チームのほんの少しの経験の差がこのゲームの行方を決めた。イタリアの選手の方が、オーストラリアより少しだけより状況に適したプレーをしただけなのだ。しかし、これが歴史の差なのかもしれない。このわずかな差をついて勝負は決まっていく。決勝Tにふさわしい試合だった。

|

« チケット相場、6/26イタリア対オーストラリア | トップページ | 時刻表抜粋、6/30、ドイツ対アルゼンチン(17:00、ベルリン) »

サッカー観戦記&コラム2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14935198

この記事へのトラックバック一覧です: 6/26観戦記録、イタリア対オーストラリア(決勝T1回戦) :

« チケット相場、6/26イタリア対オーストラリア | トップページ | 時刻表抜粋、6/30、ドイツ対アルゼンチン(17:00、ベルリン) »