« 6/9,W杯開幕、しかし調子がでない(苦笑) | トップページ | 6/11,ドイツ5日目、なかなか会場までたどり着けません(苦笑) »

2006年6月10日 (土)

6/10,4日目、やっと慣れてきました

i-passを使ってネットに接続するために最寄りのスターバックスへと向かう。アパート前のCAFEと違いブチブチ切れることなく、結構、快適につながるが、なにぶん、25円/分の金がかかるので、メールの送受信とブログの更新、DBの時刻検索、あとはいくつかの重要なサイトでの情報収集のみに限定で、近年、まれなくらいの緊張感で作業を進めた。(その中で最も重要な情報は「開幕戦ではチケットの名義チェックはやらなかった」ということだった。)ダイアルアップの従量制からADSL回線に変えて使い放題になって以来、いかにネットをのんびりとやっていたかを痛感する。i-passローミングは1時間で約10.5ユーロ、HOTSPOTは、1時間8ユーロ、「地球の歩き方」にある日本語入力できるネットカフェで1時間約6.5ユーロ。それぞれ長短所がある。i-passはMY PCで作業できるので、ストレスをそんなに感じないが、 費用がかなり高くつく。HOTSPOTは街中に結構使えるところがあるが一回回線が切れると時間内でも、もう再ログインできない。結構、回線が切れやすいのは、おそらくいっぱい金をふんだくろうというドイツテレコムの陰謀だろう(笑)。ネットカフェは一番値段も安いし、有線LANなので、回線が切れる心配はないが、PCを使い慣れてない分、作業の時間もかかりストレスもかかるだろう。さらに、使ったPCからIDやパスワードなどの情報が盗まれる可能性がある。(まあ、これは無線LANで暗号を使っていても、危険性はあるのだが..)ヴィースバーデンの店長も「こっちでDSL回線を開設するのは大変なんですよ」と言っていたが、ネット環境という面では日本の方が進んでいるのかをさらに深く実感することになった。
スタバ帰りのレーマー広場では、朝だというのにイングランドサポーターが広場を占拠しはじめている。それからファンフェスタ会場も見学。昨日までいろいろな雑用に忙殺されてきたが、やっとW杯の旅を始めたという実感が沸いてきた。
帰りのちいさなデパート(地下1階、地上2階)にて、地元民用のW杯公式グッズを発見。試合会場や中央駅などで売ってグッズよりも、はるかに格安で買えます。ちなみにT-シャツ、ポロシャツ、トレーナー、スウェットジャケット、全部1枚3.99ユーロ(約600円)。ちなみにデザインと色はいいのが限られてるので、早めに買い込んでおいた。ちなみにT-シャツ4枚、ポロシャツ1枚、トレーナー1枚、スウェットジャケット1枚、合計7枚。フランスW杯の時もこうやって格安でトレーナーを買ったことを思い出した。
ちなみに各国グッズは地元ドイツの他は、イタリア、スペイン、イングランドなどの西ヨーロッパの国とブラジル、アルゼンチンがあった。南米の2強は、やはりドイツでも人気があるようだ。他に数で結構あったのが、トルコだ。まだそんなにドイツ国内を動いていないので、実感まではしていないが、トルコからの多数の移民の存在を証拠づけるように思う。
試合はPPV会場で見ることにする。アパートから歩きでも18分ほどでPPV会場まで行けた。30分前に会場についたが、予想通り、PPV会場の大画面では試合を見ることができなかった。チケットを持たない、かなりの数のイングランドサポーターがマイン側両岸を占拠していた。PPV会場そばのYHもイングランドサポに占拠されている。そして、近辺の裏通りには、かなりのパトカーと警察官が待機していた。さすがに要注意国No.1のイングランドだ。スタジアム付近は、これ以上の厳戒態勢が引かれていることだろう。2002年は絶対数がサポの絶対数がすくなかったし、札付きフーリガンの出国もコントロールしていたから問題なかったが、8年前の初戦のマルセイユでは暴動が起きている。
結局、FAN FESTAの臨時スポーツカフェで観戦することにした。開始15分前だと結構、空いていたのだ。しかし、店の選択と席のポジショニングに失敗する。まず野外でのTVは日光による映り込みが激しく、遮光をうまくやってない店だと、細かい動きが全く見えないのだ。たまたまその店を選んでしまう。さらに悪いことに、後からやってきたイングランドサポが座っている前に入り込んで仲間たちを馬鹿騒ぎを始めてしまった。落ち着くことなくくねくね動くために、見えにくい画面がさらに見えず、試合を深く鑑賞することもできない。さらにFIFAにコミッションをかなり払っていると予想される店主が、元を取るために、15分ごとに「何か頼むか」と言ってくる。どうやらかなり悪い店にあたったようだ。他のFESTA内の店に移動しても、既にまともに見られる席はなかったので、前半終了時に、会場を出た。
次はアパートに帰る途中のカフェで観戦する。ドイツ人たちと観戦する。さすがに自分の国ではないのに観戦してるだけあって、じっくりと見る人ばかりだった。自分もTV観戦ではじっくり見る方なので、結構、快適に観戦する。液晶のいいTVだったので、今度は試合の流れがよく分かる。チャンスになったり、惜しいシュートを外したりするときに声を出すのもドイツ人とは一緒のタイミングだった。FESTA会場のイングランド人は、ビールを何杯も飲み、仲間と冗談を言い合いながら、あとは選手のチャントをかけながら騒がしく見ていた。あまり画面を見てないようだが、チャンスの時には反応してるから、不思議だ。各国サポの観戦の仕方の違いから、国民性を探るという考察も、このW杯で深めようと思う。

|

« 6/9,W杯開幕、しかし調子がでない(苦笑) | トップページ | 6/11,ドイツ5日目、なかなか会場までたどり着けません(苦笑) »

ドイツW杯滞在記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14935039

この記事へのトラックバック一覧です: 6/10,4日目、やっと慣れてきました:

« 6/9,W杯開幕、しかし調子がでない(苦笑) | トップページ | 6/11,ドイツ5日目、なかなか会場までたどり着けません(苦笑) »