« 掲示板と書き込み発見 | トップページ | 両者との交渉 »

2006年4月 9日 (日)

残留に必要なもの

J1第7節、アビスパ福岡0-1浦和レッズ(博多、21545人、主審松尾)TV観戦

アビスパから見ると、勝点1を取り損なった試合だった。前半開始の猛攻時に先制ゴールを取れていれば、レッズには簡単な試合になったはずだが、そのうちにアビスパDF陣の集団守備が機能していき、両クラブの戦力差を考えると誰も予想しなかった緊迫した試合となった。劣勢のアビスパにも少なからずチャンスはあり、「数年前の絶好調時の林であれば..」とか「グラウシオがいれば..」という条件があれば、アビスパの方に勝点3がいっていた可能性もあったように思う。けが人続出のアビスパに対し、最後に元日本代表の2人(岡野、黒部)を投入できるレッズの戦力差が最後の最後に効いた形だった。しかし、アビスパにとって、この試合は、最低でも勝点1は取らなければいけない試合だった。この試合、アビスパに不足していたのは「決定力」と「経験」だった。

これで第7節を終わって、アビスパの成績は0勝4分3敗(得失点差は-3)。いずれも接戦に持ち込みながら、勝ちまではいたらない戦いが続いている。チーム状態は悪くはないが、このままでは、シーズン最後まで残留と降格の間を何度も行き来することだろう。ところで、現在のアビスパに不足しているもの。それは決定力と経験であるように思う。決定力という点でいえば、去年のチーム得点王グラウシオの復帰すれば、少しは良くなるかもしれない。経験という意味では、今年は藪田、久藤、布部というベテランを獲得したが、いずれの経験も(ポジション的なものもあるが)試合をコントロールするには至ってないような気がする。試合をコントロールするという点で言えば、ポジションは、やはりボランチだろう。2年目の城後には、それは期待できない。ホベルトはいい選手だとは思うが、やはり経験は不足しているように思う。理想としてはジュビロにいたドゥンガや鹿島にいたジョルジーニョの役割をできる選手を連れてくることだろう。試合や練習で、彼らは、その経験を見せつけ、そして周囲の若手たちの能力も引き上げていった。彼らが去った後の数年も両チームが黄金時代を続けることができたのは、彼らの目に見えない経験という「遺産」に、よるところが一番大きいように思う。

残留のためには、最も効果的な方法は、決定力のあるFWを連れてくることだろう。そう、例えば降格寸前だった東京ヴェルディがエジムンドを連れてきて、最終的に残留したように..。しかし優れたFWが去った後には、その幻影を埋めるための代わりが必要となる。(もし埋められない場合は、そのまま穴となり、チームには、劇薬を使った後の副作用が残るだろう)しかし、ボランチの伝えた経験は、周囲の選手の成長という形となって後に残る。若い選手が揃うアビスパにとって、今年だけでなく、ずっとJ1でやっていくために必要なのは、経験のあるボランチだと思うが、どうだろうねえ...。

|

« 掲示板と書き込み発見 | トップページ | 両者との交渉 »

アビスパ関連2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172163/14935274

この記事へのトラックバック一覧です: 残留に必要なもの:

« 掲示板と書き込み発見 | トップページ | 両者との交渉 »